結婚式マナー

結婚式に招待された時や結婚祝いで恥をかかないためのマナー

結婚式に招待された時の男性の服装

結婚式に出席する時の男性の服装

結婚式に招待されたらどんな服装で出席すれば良いのでしょうか。
結婚式に親族や媒酌人、主賓以外の友達、友人、同僚として招待された際の男性の服装についてご紹介いたします。

結婚式のスタイルに合わせた服装

一般的な結婚式や披露宴

モーニングやタキシードを着用するのは、新郎新婦の親や媒酌人になります。

友人、友達、同僚として招待された場合は、ブラックスーツやディレクタースーツを着用するのが一般的です。
ブラックスーツは式の時間帯に関係なく着用できるので1着あれば便利です。

和装の際は、ちりめん、御召、つむぎの着物と羽織、仙台平袴。

昼間の結婚式

ディレクターズスーツは、昼間におこなわれる結婚披露宴で着用します。

黒、紺、グレーのダブルもしくはシングルのジャケットにグレー×黒の縦縞のモーニング用ズボンを合わせるのが一般的です。
ネクタイ、スカーフ、タイピンなどで華やかさを演出しましょう。

昼間の結婚披露宴の際の靴は、飾り過ぎない黒のひも靴をあわせます。

夜の結婚披露宴

夜の結婚披露宴では、カラータキシードが一般的です。
スーツとタイの組み合わせなど、バリエーション豊かな装いが可能で、若い人たちにとってはオシャレ度の見せ場可も知れません。

しかし、新郎新婦より目立ってしまうような過度に派手な装いは避けましょう。
あくまで、新郎新婦を引き立てる装いを心がけましょう。

リゾート地での結婚式

海外やリゾート地でカジュアルな雰囲気でおこなわれる場合は、現地の気候などに合わせて、襟のあるシャツでネクタイなしやハワイならアロハシャツでおこなわれることもあります。

新郎新婦様に尋ねて、二人の希望にあわせた装いにするのが確実です。

関連記事一覧